キントーン(kintone)セグウェイが最安値、送料無料の通販

キントーン(kintone)セグウェイを公道で乗ってもいいの?

 

キントーン(kintone)セグウェイって普通の自動車が走っている道路
いわゆる公道で乗ってもよいのでしょうか?

 

実は現在キントーン(kintone)セグウェイのような乗り物に関する
道路交通法は存在しません

 

では法律が無いから乗っても大丈夫かと言うと、
そうでもなさそうです。

 

例えば名前からも分かる通り、非常に似た乗り物で一般的にも知られている
セグウェイはモーター出力が0.6kwを超えるため普通自動二輪に分類されますが、
保安基準を満たすことが出来ないため公道を走ることはできません。

 

一方、非常にカタチの似ているスケボーについては、
これを明確に取り締まる法律は無く、
ただ交通量の多い道路では乗ってはいけないと言う曖昧な規定があるだけです。
そうは言ってもやはり車の通るような道路で乗るのは非常に危険なので、
公道ではなく安全な公園などで乗るのが望ましいです。

 

キントーン,セグウェイ,公道

 

キントーン(kintone)セグウェイに関してはセグウェイのような扱いを受けるのか
スケボーのような扱いを受けるかは、その時々で変わってくるでしょう。

 

そして万が一公道をのっている時にセグウェイとして警察に捕まってしまったら
道路交通法違反(無免許運転、自賠責保険違反、車検なし、整備不良、)など、
数多くの罪に問われ多額の罰金は免れません。

 

スケボーとして扱われたとしてもやはり自動車の走る公道は非常に危険です。

 

キントーン(kintone)セグウェイを安全に楽しむためには、やはり公道で乗るのは避けて
公園や広い駐車場などで楽しむのが良さそうですね。

 

なおキントーン(kintone)セグウェイを公式サイトで購入すると、
本体を入れて背負って運ぶことができる専用のキャリングケースがついてきます。

 

キントーン,セグウェイ,公道

 

キントーン(kintone)セグウェイは大容量バッテリーが入っているため結構重いので、
このようなキャリングケースがあれば楽に運べて便利なんです。

 

>>キャリングケースが特典で付いてくる公式サイトの詳細